トピックス

10兆円もの「予備費」は容認できない 国会の会期延長を要求 2次補正 小池書記局長が表明

カテゴリー:

(写真)記者会見する小池晃書記局長=8日、国会内

日本共産党の小池晃書記局長は8日、国会内で記者会見し、第2次補正予算案について、「最大の問題は、予算の3分の1を占める10兆円もの予備費を計上していることである。第2次補正予算のそれ以外の部分は、不十分さや問題点があるものの賛成できる。しかし、10兆円の予備費の計上をそのままにして賛成できない」と表明しました。

 小池氏は、具体的な使途を決めずに巨額の予備費を計上することは、財政活動を行う際には国民の代表である国会での審議と議決が必要だという財政民主主義の大原則をくつがえすことになると指摘。「政府に税金の使い方を白紙委任することは、まさに議会の自己否定と言わなければならない。このような前例をつくることは将来に重大な禍根を残す」と述べました。

 小池氏は、麻生太郎財務相が財政演説で、予備費10兆円のうち、雇用維持や生活支援に1兆円程度、事業継続に2兆円程度、医療や介護などの提供体制に2兆円程度と、5兆円の使途を述べたことを指摘。「ならば、その5兆円分については与党が予算修正を提案して国会で議決するべきだ。残る5兆円分については、削除して速やかに第3次補正予算を編成して国会に提案することを求める」と語りました。

 小池氏は「これらの審議も含めて、コロナ対策や安倍政権の政治姿勢をただすには国会の会期延長が必要だ。日本共産党として会期延長を要求する」と表明しました。

© 2004 - 2020 日本共産党静岡県委員会