青年・一万人の実態告発プロジェクト

あなたの声を議会、政治に届けます!

「長時間労働で体がボロボロ」「有休がとれない」「仕事を続けられる気がしない」など、青年の働く環境、生活実態は深刻です。また、多くの青年が「こんな社会はおかしい」と変える展望を求めています。2019年7月の参議院選挙で、野党は「最低賃金1500円」「8時間働けば暮らせるルールを実現」「消費税増税中止・税制の公平化」など、青年の実態を改善し、生活を豊かにするための政策を含む13項目の共通政策を掲げてたたかい、議席を増やしました。次の総選挙は、青年の願いをかなえる野党連合政権を実現させる大チャンスです。

そこで、私たちは日本民主青年同盟(略称・民青=みんせい)とともに、全国で一万人の青年労働者の実態を集め、国会や地方議会、自治体、野党各党に青年の実態や要求を届ける「青年・一万人の実態告発プロジェクト」にとりくむことを決めました。

あなたの声を聞かせてください。ごいっしょに声をあげ、政治を動かしましょう。

Q1 いまの生活や働き方について、不満や不安、関心を教えてください。

当てはまる欄にチェックし、あなたの実態や思いを記入してください。
(欄内の記入例:毎日終電まで働いている、など)











Q2 以下の政策で共感するもの、実現してほしいものを教えてください。

当てはまる欄にチェックし、その理由やあなたの思いを記入してください。
(欄内の記入例:今の最賃では生活できない、など)














Q3 選挙は行きますか?当てはまるチェックし、その理由を教えてください。

理由)

Q4 日本共産党はJCPサポーターを募集しています。(JCPは日本共産党のこと)
協力できる項目をチェックしてください

Q5 年齢、性別を教えてください

歳 

Q6 よろしければ、あなたのお名前、連絡先を教えてください。

イベント等のお知らせをします。
個人情報保護のため、目的以外の使用はしません。

■名前 

■連絡先(電話・メールアドレスなど) 

■SNSアカウント 

確認画面はありません。
上記の内容をご確認いただき、よろしければ送信してください。

© 2004 - 2019 日本共産党静岡県委員会