トピックス

検察庁法改悪やめコロナ収束に全力を 野党 緊急党首会談で一致

カテゴリー:

(写真)野党5党派による党首会談。(左から)福島、志位、枝野、玉木、野田の各氏=13日、国会内

日本共産党の志位和夫委員長と、立憲民主党の枝野幸男代表、国民民主党の玉木雄一郎代表、社民党の福島瑞穂党首、社会保障を立て直す国民会議の野田佳彦代表は13日、国会内で緊急の党首会談を開き、新型コロナウイルスの収束に全力をあげるべきときに、検察官の政治的独立性と中立性、三権分立を損なう検察庁法改悪は断固容認できないとして、野党が要求する役職定年の延長を切り離すよう求めていくことで一致しました。

会談では、ツイッターでの同法改定案への抗議の声が900万件を超えており、多くの国民の声にしっかり応える責任を痛感しているとの認識を共有。

 その上で、新型コロナウイルス収束に総力を挙げて立ち向かうべく、野党として建設的な提案を今後も行い、協力すべきは最大限協力していくことを確認。同時に、コロナ問題に集中して取り組むためにも、国論を二分する検察庁法改定案については、「役職定年延長」部分を切り離すべきだとの考えで一致しました。

 野党5党派は、同法改定案を審議中の衆院内閣委員会で与党側が採決の構えをとる緊迫した事態を踏まえ、緊急に党首会談を開いたもの。5党派は、今後の国会内の動きに応じて各党派間で連携し対応を決めていくとしています。

© 2004 - 2020 日本共産党静岡県委員会