トピックス

衆院静岡4区補選26日投票 新型コロナ 不安に応える対策を

島津氏 田中けん候補42歳を応援

(写真)街頭から訴える島津氏(右)=23日、静岡市清水区

26日投票の衆院静岡4区補選で、野党統一の田中けん候補(42)を必ず勝利させようと23日、日本共産党の島津幸広前衆院議員が静岡市清水区で街頭演説し「田中さんが勝利してこそ、国民の不安にこたえる新型コロナ対策が可能だ」と訴えました。

 島津氏は、選挙期間中に新型コロナ支援として1人10万円の給付が決まったことについて「野党と田中さんが訴える中で、市民の声が高まり、10万円給付が決まった。国民の声で政治は変わることを示した」と強調しました。その上で、「新型コロナに打ち勝つためには、思い切った支援が必要。田中候補の勝利で、安倍政権に対策を取るよう求めていこう」とよびかけ。「新型コロナ終息後、新しい希望ある政治をつくっていくためにも、みなさんのご支援を田中候補に」と力を込めました。

 党支部と後援会は、田中候補を何としても勝利させようと、電話での訴えや地域へのビラ配布などを行い、支持を訴えています。ビラ配布中には、年配の男性から「俺は自民党が好きだが、安倍はもうダメだ。早く代えた方がよい。今度は応援するからがんばれ」という声もかかるなど、田中候補への期待が高まっています。

© 2004 - 2020 日本共産党静岡県委員会