トピックス

島津議員が国会報告 民意無視の政権倒そう 【静岡市】

日本共産党の島津幸広衆院議員は11日、静岡市葵区で賎機後援会が開催した国会報告会に参加しました。島津議員は、参加した52人に、戦争法廃止の国民連合政府実現へ国民に大きく広げてほしいと呼びかけ、疑問に答えました。

島津議員は、若者や子育てママ・パパなどの自覚的な反対運動、近年いない6回の野党党首会談が開かれた野党共闘をあげて廃止に向けた希望はあると説明。「憲法の平和主義、立憲主義、民主主義が根底から覆される非常事態。安倍政権を倒し『国民連合政府』を実現させるため、一緒にがんばりましょう」と訴えました。

参加者から「安倍政権打倒の選挙協力が必要」という賛同の声、軍事予算が増額され社会保障が改悪されていく心配の声が上がりました。島津議員は、「来年度予算でも軍事費は5兆円以上。社会保障費など国民生活を圧迫することは必然。『安倍政権の退陣・打倒』の政治的な一致点をもとに、民意を無視した暴走ストップについても一致点で協力していく」と説明しました。

初めて参加した女性(65)は「次の参院選で自民党が勝てば今度は改憲を進めてくる。憲法9条を変えられてしまうことはとても心配。国民連合政府の提案は大賛成。戦争法を廃止させるため、わかりやすい言葉で広めて実現させていかないといけないですね」と話していました。

 

2015年10月15日 「しんぶん赤旗」東海・北陸信越のページより)

© 2004 - 2019 日本共産党静岡県委員会