トピックス

黒川前検事長の処分 「首相は経過明らかにせよ」 “官邸が決定”報道で小池書記局長が指摘

カテゴリー:

日本共産党の小池晃書記局長は25日、国会内での記者会見で、賭けマージャンで辞職した黒川弘務前東京高検検事長の処分について、「懲戒が相当」とした法務省の判断を、官邸が覆して「訓告」としたとの報道について問われ、「処分までの経過を明らかにするべきだ」と述べました。

 小池氏は、同日の国会審議で、森雅子法相は、処分に先立つ官邸と法務省の協議で「さまざまな意見が出た」ことは認めたと指摘。「問題は『さまざまな意見』とはどういう議論だったのかだ。この経緯を徹底的に解明しなければならない」と強調しました。

 また、安倍晋三首相が国会で「検事総長が適切に処分をした」と答弁したことを挙げ、「虚偽だった疑いがある。非常に重大な問題だ」と批判しました。

 さらに、黒川氏の違法な定年延長の際も、法務省・検察は当初、同氏は退職し、別の人物を東京高検検事長とする人事を官邸に報告したが、官邸でダメ出しをされて、最終的に法務省は定年延長という形を提案したとされていると指摘。それにもかかわらず、安倍首相は“定年延長は法相の提案(閣議請議)だ”と主張しているとして、「官邸が検察や法務省の方針にダメ出しをして出し直させておきながら、『それは法務省・検察の提案だ』と責任をなすりつける構図は、今回も全く同じだ。安倍首相には予算委員会で経過を明らかにしてもらう必要がある」と述べました。

© 2004 - 2020 日本共産党静岡県委員会