トピックス

黒川検事長に賭け麻雀疑惑 事実なら即辞任を 小池書記局長が記者会見

カテゴリー:

(写真)記者会見する小池晃書記局長=20日、国会内

日本共産党の小池晃書記局長は20日、国会内で記者会見し、黒川弘務東京高検検事長が賭け麻雀をしていた疑惑が報じられることについてふれ、「報道が事実であれば、東京高検検事長の座にとどまることは許されない。即時、辞任するべきだ」と述べました。

 小池氏は「与党の中からも『辞任を』という声がでているが、黒川氏が辞めて済む話ではない」と指摘。これまで定年延長を認めたのは黒川氏だけだったことを政府も認めているとして、「黒川氏が辞職すれば、立法事実がなくなる。いよいよ検察庁法改定案を先送りにとどめることは許されず、ただちに役職定年の特例延長を削除・撤回すべきだ」と述べました。

 そのうえで、小池氏は「法解釈を変えて、閣議決定までして黒川氏の定年延長をした安倍政権の責任は二重三重に重大だ。安倍政権の責任が厳しく問われる」と強調しました。

© 2004 - 2020 日本共産党静岡県委員会