トピックス

浜松 再稼働反対アクション

原発動かそうなんて

静岡県浜松市のJR浜松駅前では、123回目の金曜アクション@浜松「さよなら原発の夕べ」が5月29日行われ、約20人が参加しました。日本共産党の平賀高成県議も参加しました。

参加者らは交代でマイクを握り、東海地震の震源域の真上にある浜岡原発の再稼働反対や、避難計画もないままに全国の原発再稼働を推進する国や電力会社を批判。ギター、ドラム、三線で演奏して、「上を向いて歩こう」や「満月の夕」などを合唱してアピールしました。帰宅途中の人たちの注目を集め、立ち止まって見つめる姿もありました。

じっと見つめていた男性(71)は「ずっと続けていることはすごい。再稼働反対の世論を作るために大事な行動。口永良部(くちのえらぶ)島の新岳(鹿児島県)の噴火もあったばかり。地震や火山活動が活発化している。日本で原発を動かすなんておかしい」と話していました。

 

(2015年6月2日 「しんぶん赤旗」東海・北陸信越のページより)

© 2004 - 2019 日本共産党静岡県委員会