トピックス

「桜を見る会」 出資“見返り”に招待 田村氏、マルチ被害拡大で追及

カテゴリー:

(写真)質問する田村智子議員=4日、参院予算委

日本共産党の田村智子副委員長は4日の参院予算委員会で、悪質マルチ企業「48(よつば)ホールディングス」の淡路明人社長(当時)が「桜を見る会」に参加していた問題を追及しました。

 同社は、うその説明で仮想通貨「クローバーコイン」を販売し2017年、業務停止命令を受けました。淡路氏は16年の「桜を見る会」に参加。安倍首相は同氏の参加について国会で「(自身も妻の昭恵氏も)存じ上げない」と答弁していましたが、昭恵氏が運営会社の取締役を務める複合施設「UZU(ウズ)ハウス」に淡路氏が出資していたことが「赤旗」日曜版のスクープで明らかになりました。

 田村氏は、淡路氏と安倍首相が写った写真を示し、山口県の関門海峡花火大会にあわせ「UZUハウス」出資者を特別に招待した「昭恵さんと花火を見る会」で撮影したものだと追及。安倍首相は「UZUハウスに移動した」と認めながら、不特定多数の人が参加できる「オープンなスペースだった」とごまかしました。

 田村氏は「UZUハウスの代表者が外から人が紛れこむことはないと『赤旗』の取材に答えている。ごまかしだ」と反論。資金提供の“見返り”にUZUハウスに招待し記念撮影した結果、花火大会以降、同社の売り上げは7・5倍に拡大したと指摘し「首相との写真が利用されマルチ商法の被害が拡大した」と首相の道義的責任を追及しました。

 安倍首相は「私自身は知人ではない」などと言い逃れました。

 田村氏は、「赤旗」の取材で資金提供者のうち少なくとも34人の「桜を見る会」参加が判明したと指摘し、どういう人たちを招待したのか調べるべきだと述べ昭恵氏の参考人招致を要求しました。

© 2004 - 2020 日本共産党静岡県委員会