トピックス

一糸乱れぬ右向き・改憲シフト 小池書記局長が指摘

カテゴリー:

記者会見する小池晃書記局長=9月11日、党本部

日本共産党の小池晃書記局長は11日、東京都渋谷区の党本部での記者会見で、第4次安倍晋三再改造内閣の顔ぶれについて感想を問われ、「一糸乱れぬ右向きメンバー、安倍首相の“お友だち”ばかりの改憲シフト内閣だ」と指摘し、「論戦で真正面から対決し、一刻も早く退陣に追い込みたい」と述べました。

 小池氏は、内閣改造に際して安倍首相が掲げた「安定と挑戦」についても問われ、「安倍首相にモノを言う人がいない、首相にとっての『安定』と、改憲勢力3分の2割れという参院選で示された民意に反し、真正面から改憲を迫る意味の『挑戦』だ」と強調しました。

 さらに、内閣改造と同時に行われた自民党役員人事で留任した二階俊博幹事長が、同日の会見で憲法改定をめぐり「党を挙げて努力を重ねたい」と述べたことについての質問には、「参院選で示された民意は、『期限ありきの性急な改憲には賛成できない』ということだ。民意を無視した発言だ」と批判しました

© 2004 - 2019 日本共産党静岡県委員会