トピックス

2019新春宣伝 ブレない共産党「頑張れ」と市民 

 

 

 島津幸広前衆院議員、鈴木ちか参院静岡選挙区候補、鈴木せつ子静岡市葵区県議候補ら静岡市議は1日、静岡市葵区の浅間通り商店街で新春宣伝をしました。

 島津氏は「参院選で市民と野党の共闘の勝利、日本共産党の躍進で安倍政権に厳しい審判をくだし、うそのないあたりまえの政治にさせる年にしよう」。鈴木ちか氏は「米国兵器を爆買いする一方で消費税10%増税など暴走する安倍政権を、力をあわせ打倒しましょう」。鈴木せつ子氏は「党県議2議席以上実現で、全国7位の財政力をいかし、社会保障を充実させる県に転換させる」と訴えました。

 初もうでの人の注目を集め、じっと見つめる人、手を振る人、「頑張って」の声援、握手を求める人もいました。

 家族で来て握手を求めた女性(39)=袋井市=は、「参院選で野党が力をあわせて、ひどすぎる安倍政権を倒してほしい。元日から政策をしっかり訴えて、ブレない共産党はすごいですね。頑張ってください」と話しました。

 ひらが高成県議も同日、浜松市中区の初もうでの人たちに訴えました。(『しんぶん赤旗』1月5日付より)

© 2004 - 2019 日本共産党静岡県委員会