トピックス

「総選挙 駆ける」 しまづ幸広 浜岡原発の危険性追及

カテゴリー:

 

 衆議院が解散した日に静岡県三島市、沼津市で街頭演説し、安倍政権の疑惑隠しの冒頭解散を糾弾しました。翌日は名古屋市内で、戦争法を容認し改憲を公言する「希望の党」を批判。「企業・団体献金も、憲法違反の政党助成金も受け取らない日本共産党こそ、しがらみのない政治が実現できる」と力を込めました。

 足かけ11年務めた赤旗記者時代、県内すべての市町村を回り、自民党政治に苦しむ多くの人を目にし、政治を変える思いを強くしました。前回選挙で初当選。現場に足を運び、国民の声を国会に届けてきました。中部電力浜岡原発の問題では、現地調査をふまえて東海地震の震源域の真上にある危険性を指摘し、「政治決断による廃炉を」と追及。議場からも拍手が起こり、「県民の願いを届けてくれる国会議員。本当によかった」の声が多数寄せられました。

 訴えを聞いた女性(64)は「民進党は市民の期待を裏切った。もう共産党にがんばってもらうしかない」。

© 2004 - 2019 日本共産党静岡県委員会