トピックス

【戦争法案反対】 この指とまれ 親子ら行進 静岡・函南町で初

7氏呼びかけ80人

終戦から70年目の15日静岡県函南町で、主婦や元教師など住民7人が呼びかけた「戦争反対!この指とまれ!函南アクション」が取り組まれ、炎天のもとで小さな子供たちも含めて80人が参加しました。同町で戦争法案に反対する集会・パレードが行われたのは初めてです。

出発集会で、呼びかけ人代表の相田伸久氏(元市役所労働組合委員長)が「戦争法案は法律的にも実態論としても破綻は明白。憲法よりも自分が上というのは独裁政治そのもの。国民の反撃をさらに強めて政権支持率を急落させ、戦争法案を廃案にし、安倍退陣を実現しよう。」と訴えました。

リレートークで子育て中の若い母親は、「二人の子供がいますが、この子たちを絶対戦争で死なせることなんか許さない」と表明。高校生や戦争体験者2人も自ら反戦の思いを話しました。

集会後、太鼓やマラカスの音に合わせて「戦争始める政治家いらない」、「子どもを戦争行かせるな」などと元気よくコールして、町内繁華街を約45分パレードしました。

 

2015年8月18日 「しんぶん赤旗」東海・北陸信越のページより)

© 2004 - 2019 日本共産党静岡県委員会